カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2017年12月11日(月)

ローカルブラウザ 1.2.2 を公開。タブブラウズ機能を追加しました

ローカルブラウザ の新しいバージョン 1.2.2 を公開しました。

ローカルブラウザは、自分のパソコンに保存されている
HTML ファイルなどを、効率よく表示するためのソフトです。

インターネットエクスプローラーみたいなものですが、
ウィンドウズエクスプローラーと同様のフォルダーツリーが
あるので、ローカルに保存されているファイルを簡単に開けます。

今回追加した機能は、おおまかに分けると 2 つ。

1 つ目の新機能はタブブラウズ機能、
複数のファイルを複数のタブに同時に開く機能です。

ファイルを新しいタブに表示するには、
フォルダーツリーの項目や、HTML のリンクを
Ctrl キーを押しながらクリックします。

タブを閉じるには、タブ上の × ボタンを押します。
インターネットエクスプローラーと同じ操作方法ですね。

タブを一括で閉じたりする場合は、
タブを右クリックすると表示されるメニューを使います。
また、ドラッグすると、タブの順序を入れ換えることができます。

コマンドライン引数もタブ用に拡張しました。

新しいバージョンでは複数のパスを
コマンドライン引数に指定すると
複数のタブに表示されます。

また、"/T" オプションを指定すると、
指定のパスを新しいタブに開きます。

"/T" オプションが無い場合は、
指定のパスのみが開かれるため、
前回終了時のファイルは表示されません。

2 つ目の新機能は、開いている場所を
より正確に保存する機能です。

例えば、以前のバージョンだと、フォルダーツリーの
デスクトップ¥a.html (一番根っこの下のやつ)
を選択した状態で再起動すると
C:¥Users¥[ユーザー名]¥Desktop¥a.html
に選択が移りましたが、新しいバージョンでは移りません。

他にも、不具合の修正などを行っているので、
是非、最新版をご利用ください。

ローカルブラウザのダウンロードはこちら からどうぞ。
ローカルブラウザの更新履歴はこちら で確認できます。

・・・

うちの環境では以下のような現象が起こります。
Windows 10、Excel 97 です。

ローカルブラウザの複数のタブに
Excel ファイル (*.xls) を開くと
ドキュメントが表示されていない状態の
Excel のウィンドウが表示されます。

ローカルブラウザの表示は問題ないみたいですが、
Excel のファイルは複数のタブに開かないほうが
使いやすいかもしれません。

ローカルブラウザ
ローカルブラウザのダウンロード
ローカルブラウザの更新履歴
ご意見・ご要望連絡窓口


<< | 2/1098PAGES | >>