カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2019年01月18日(金)

動画を見るノ 1.1.0 公開。Media Foundation に対応、スナップショットの取得が高速に

動画を見るノ の新しいバージョン 1.1.0 を公開しました。

今回の変更箇所はたくさんありますが、
おおまかに分けると 3 つです。

Media Foundation (メディアファウンデーション) に対応。動画によっては、スナップショットの取得も高速に

動画を見るノでは、動画のスナップショット取得に、Windows のDirectShow と呼ばれる機能を利用していましたが、今回のバージョン
から、Media Foundation と呼ばれるものも利用可能にしました。

Windows 10 の場合、DirectShow 用の動画のデコーダーが
あまり入っていないので、DirectShow のフィルター と呼ばれるものを
追加でインストールしないと、まともに動作しませんでした。

が、今回のバージョンからは、Media Foundation にも対応したので、
動画を見るノ単体で、mp4 などのメジャーな
動画のスナップショットが所得できるようになりました。

また、Media Foundation による動画のスナップショット取得は、
より洗練された方法を取ったため、かなり高速化されました。

動画や設定にもよりますが、3 倍ほど速そうです。

どう高速化したかというとスナップショットの取得に
まず「許容誤差」の概念を導入しました。

例えば、スナップショットの取得位置が、動画開始から
20 秒の位置だった場合、かつ、許容誤差が 3 秒の場合は、
17 秒 〜 20 秒の位置のスナップショットを取得します。

この範囲から、最も高速にスナップショットを取得できるものを
返すので、特にこの範囲にキーフレームがある場合、最高速となります。

この場合、キーフレームとは、
前のフレームの画像を読み込むことなしに
取得できるフレームのことです。
(フレームとは動画を構成する1枚1枚のこと)

キーフレーム以外の画像を取得する場合、
キーフレームから、順番に 1 枚ずつ
画像をデコードする必要があるので遅くなります。

結果、例えば、20 秒ごとにキーフレームがあるような動画では
許容範囲を 20 秒以上とすることで、かなりの高速化が期待できます。

十分長い動画では、スナップショットの位置の正確性は
あまり必要ないと思うので、だいたいの場面で
高速化されるといってよいでしょう。

一方、とても短い動画で、許容誤差を大きくとると、
スナップショットとして同じ画像が取得されがちになるので、
その場合は、許容誤差を小さくしてください。

許容誤差は、設定画面で設定可能なほか、
「設定して、スナップショット自動生成...」
コマンドで表示される画面でも設定可能です。

この画面の「Media Foundation」のチェックをはずすと、
強制的に、DirectShow でスナップショットを生成することもできます。

「Media Foundation」「DirectShow」の両方にチェックがある場合は、
動画によって、Media Foundation が使用できる場合は、それ、
使用できない場合は、DirectShow が使用されます。

両方にチェックが無い場合は、
スナップショットが取得できなくなるか、
強制的に DirectShow が使用されます。

フォントの変更機能と表示スケールへの対応

設定画面に、新しく「デザイン」タブを追加。
使用するフォントを変更できます。

「全般」はメニューやサイドタブなどに使用されるフォント設定です。
「ダイアログ」は設定画面などのダイアログに使用されます。
「ファイル名など」は、メイン画面のファイル名などに使用されます。
「検索用タグ」はメイン画面の検索用タグに使用されます。

また、表示スケールにも対応しているので、
表示スケールが 100 % 以外の場合は
指定のフォントサイズに表示スケールを適用した
フォントサイズが実際には使用されます。

操作性の改善

「設定して、スナップショット生成」画面などの
スキップ時間などは、ミリ秒単位の指定方法でしたが、
「分、秒、秒未満」で指定する方式に変更しました。

これまでのバージョンで長い時間を指定する場合、
1 分は 60000 ミリ秒だから、等の計算が必要でしたが、
今回のバージョンでは、より直接的な指定が可能です。

秒未満の値では、小数のほか、1 / 30 のような
分数 (割り算) による入力も可能になってます。

・・・

Media Foundation、表示スケールに対応した
動画を見るノの最新版はこちらのページから、ダウンロードできます

・・・

他にも、動画を見るノを全画面表示にした場合、
メニューの右端に「最小化」「閉じる」ボタンを
追加したので、全画面時状態からすばやく終了したり
最小化したりできるようになってます。

気になる方は、是非、最新版を使用してみてくださいね。

動画を見るノ
動画を見るノのダウンロード
動画を見るノの更新履歴
ご意見・ご要望連絡窓口


コメント
コメントする