カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2018年10月05日(金)

Yahoo!ジオシティーズ から FC2 にお引っ越し

Yahoo!ジオシティーズ が終了する みたいなので、
ちょろちょろと作業して、FC2 に引っ越しました。

Yahoo!ジオシティーズとは、
Yahoo!提供のホームページ公開サービスです。

URL が http://www.geocities.jp/ で始まるからか、
比較的新しいサイトでも、google での評価が
そこそこいい感じだったような気がします。

引っ越し方法

Yahoo!ジオシティーズ指南の方法では、
引っ越し先のホームページを用意してから、
ジオシティーズで転送設定します。

転送設定とは、旧ホームページにアクセスした場合、
自動的に新ホームページに転送することを指します。

で、その通りやってみると、できましたが、
微妙な点が 2 つありました。

Yahoo!ジオシティーズの転送方式

Yahoo!ジオシティーズのシステムを使って転送した場合、
旧ホームページのどのページにアクセスしても、
新しいホームページの「トップ」に転送されます。

閲覧するユーザーとしては、新しいホームページの方で
該当するページを探す必要が発生するので、不便です。

面倒だと思ったら、探すことなしに
閲覧をあきらめてしまうかもしれません。

そういうわけで、特にたくさんのページからなる
ウェブサイトの場合は、なるべく避けたい方式です。

もう一つは、自動転送まで (確か) 15 秒かかり、少し長いです。

また、転送先が正しいか、内容が正しいかについて
Yahoo! は一切保証しません。みたいな文言が書かれていて
閲覧ユーザーの不信感を増長しています。

これは、外部へのリンク (外の人が作成したホームページへのリンク)
に関しては、あたりまえのことなので必要ないでしょう。

自分で転送する

ま、そんなわけで、自分で転送することにしました。

自分で転送する場合、すべてのページに転送用のコードを
生め込む必要があるので、面倒ですが、ま、労力よりも
効果の方がありそうだったので、コツコツやりました。

とはいえ、自分の場合、HTML を自動生成するノ
ホームページを生成してるので、一つ一つのページを
本当にコツコツ書き換える必要はありませんでしたけど。

で、転送するのに必要なコードは 2 行ですが
自動転送することをユーザーに知らしめるための本文も必要ですね。

↓ 転送用のコードはこんな感じです。

<link rel="canonical" href="転送先URL">
<meta http-equiv="refresh" content="5; URL=転送先URL">

head タグの中に書けば転送されるようになります。
この例では、5 秒で転送されます。本文は、リンク先の URL に
普通のリンク (a タグ) を張ればいいので問題ないでしょう。

ホームページは移転しました。
新しいページはホニャララです。
5 秒後に自動転送されます。

みたいな感じで、自由に書きましょう。

Yahoo!ジオシティーズの転送設定を解除する

で、先に転送設定してみたわけで、自前で転送する場合、
ジオシティーズの転送設定を解除する必要があります。

多少ひっかかったところがあったので、少し書いておきます。

ま、たいしたことではないのですが、転送設定を解除する場合も、
↓ の画面では「移行する」を選択してから「次へ」します。

「移行しない」を選択してから「次へ」しても何も起きません。

このボタンは、移行するための方法を表示するか否かを
問うだけのつまらない選択画面なので、注意しましょう。

「移行する」を選択してから「次へ」すれば、
実際に転送設定を解除するための画面への
リンクが表示されるので、探してみてください。

HTML を自動生成するノ
ご意見・ご要望連絡窓口


コメント
コメントする