カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2018年06月11日(月)

Windows 10 に対応した、ウィンドウのサイズを指定して変更できるフリーウェア Sizer の使い方

今日は、ウィンドウサイズを指定して変更する
フリーウェア「Sizer」をご紹介します!

ちなみに自分は長らく Windowサイズ!
というソフトを利用させていただいていました。

Windows 10 になってからも、ちゃんと動くのですが、
微妙に指定のサイズにならないんですよね。

とはいえ、指定のサイズよりも、必ず、
横幅は 14 ピクセル。縦幅は 7 ピクセル
小さくなるだけなので、その分大きな値を
指定すれば使えないこともなかったわけです。

とはいえ! スクリーンキャプチャーの毎に
エクセルを立ち上げて、標準的な値に、
14、7 ピクセル足した値を記入したもの
を調べるのも、面倒になってきたので、
もっと便利なもんが無いもんかと探してみました。

ま、単純に指定の値に、14、7 足した値で変更できるか、
サイズを登録しておいて、カンタンに呼び出せれば
それでもいいなーと思って探したところ、
Sizer というのが簡単に見つかりました。

Sizer は後者で、登録しておいたウィンドウサイズに
簡単に変更できるものです。しかも、登録サイズには
任意の名前を付けられるので、表示は、1024 x 768、
実サイズは、1028 x 775 にできて、大変、便利です。

「Sizer」でウィンドウサイズを変更するには?

Sizer を起動した状態で、サイズを変更したい
ウィンドウの端を「右クリック」すると
Sizer に登録済みのウィンドウサイズの名前
(Description) が表示されるので選択します。

簡単ですね。Great! すばらしい。

後は、Sizer に利用したいサイズを登録する方法
が分かれば終了です。ジ・エンド。ルー大柴。

えー、Sizer 起動中には、タスクトレーに
Sizer のアイコンが表示されるので、
それを 右クリック。表示されるメニューから
Configure Sizer... を選択すると設定画面が表示されます。

タスクバーに直接表示されていない場合は、 ^
みたいなアイコンを押せば表示されるでしょう。

設定画面では、試しに Add を押して
新しいサイズを追加してみましょう。

リストに「640x480」というのが追加されるので、
クリックして選択しまーす。

後は「Description 」ってとこに、表示する名前。
「Width」に幅、「Height」に高さを入れて
OK ボタンを押せば終了です。簡単ですね。

ついでによく使うサイズの表でも書いときます。
(Windows 10 用に、幅 + 14、高さ + 7 した表)

よく使うウィンドウサイズ 16:9

DescriptionWidthHeight
256x144270151
512x288526295
768x432782439
1024x5761038583
1280x7201294727
1536x8641550871
1792x100818061015
1920x108019341087
2048x115220621159
2304x129623181303
2560x144025741447

よく使うウィンドウサイズ 4:3

DescriptionWidthHeight
320x240334247
384x288398295
448x336462343
512x384526391
576x432590439
640x480654487
704x528718535
768x576782583
832x624846631
896x672910679
960x720974727

「Sizer」をインストールして実行する

まずは、Sizer から、パッケージをダウンロードします。ま、recommended (推奨) なので、MSI Installer をダウンロードします。

後は、ダウンロードされた msi ファイル。名前は sizerXXX.msi を
エクスプローラーでダブルクリックするなどして実行します。

Sizer のセットアップ画面が表示されるので「Next」を押します。

Sizer のインストールオプション設定画面が表示されるので
好みのオプションに変更してから、「Next」を押します。

よくわからない場合には、そのままでかまいません。

最初のエディットボックスは Sizer のインストール先です。
インストール先とは、Sizer のプログラムや起動に必要なデーターを
保存しておくフォルダーのことです。

Create a desktop shortcut for Sizer は、デスクトップに Sizer 起動用の
ショートカットアイコンを作成する場合にチェックします。
デスクトップとはログイン後に表示される
全てのアプリケーションの背景となる画面のことです。

Create start menu shortcuts for Sizer は、スタート画面に
Sizer 起動用のショートカットアイコンを登録する場合にチェックします。 スタート画面は、スタートボタンを押すと表示される画面です。

Start Sizer every time Windows starts は、Windows 利用時に
必ず Sizer を自動実行しておく場合にチェックします。

自分は、必要なときに起動する派ですが、
常に起動しておきたい人はチェックしましょう。

以上で、インストールの設定は完了です。
「インストール」ボタンを押してインストールを開始しましょう。

インストールを開始すると次のような画面が表示されます。
予期せぬタイミングで悪意のあるソフトウェアがインストールを
防ぐために表示されています。Sizer334.msi を信用して、
インストールする場合は「はい」を押します。

Sizer334.msi を信用しない場合は「いいえ」を押しますが、
当然ながら、インストールは失敗し、Sizer は利用できません。

「はい」でインストールを継続すると、インストールが完了します。
「Finish」を押して、インストール完了画面を閉じましょう。

ディフォルトの設定だと、まだ Sizer は起動されていません。
デスクトップの Sizer アイコンをダブルクリックして実行しましょう。

もしくは、スタート画面から、Sizer を起動する方法もあります。
Sizer は S で始まる単語なので、S のグループで見つかります。

Sizer の使い方は、最初の方に書いてあります

「Sizer」の設定画面の使い方の詳細

Sizer の設定画面の使い方を解説します。

Menu Configulation 左のリスト

現在登録中の、ウィンドウサイズ一覧です。

Menu Configulation - Description

リストで選択中のウィンドウサイズの表示名 (メニューの名前) を設定します。

Menu Configulation - Width

リストで選択中のウィンドウサイズの幅を設定します。

Menu Configulation - Height

リストで選択中のウィンドウサイズの高さを設定します。

Menu Configulation - Don't resize window

リストで選択中の項目で、ウィンドウサイズを変更しない場合にチェックします。

Menu Configulation - Move to

リストで選択中の項目でウィンドウの位置を変更する場合は「Don't Move」以外を選択します。次の Top、Left で位置を指定する場合は「User Defined Position..」を選択します。

Menu Configulation - Top

リストで選択中の項目で「User Defined Position..」に移動する場合の縦位置を指定します。

Menu Configulation - Left

リストで選択中の項目で「User Defined Position..」に移動する場合の横位置を指定します。

Menu Configulation - Move Up

押すと、リストで選択中の項目を上に移動します。リストの順序を変更するときに使用します。

Menu Configulation - Move Down

押すと、リストで選択中の項目を下に移動します。リストの順序を変更するときに使用します。

Menu Configulation - Add

押すと、リストに新しい項目が追加されます。新しい項目の Description や Width 等はディフォルトの値が設定されます。

Menu Configulation - Delete

押すと、リストで選択中の項目が削除されます。

Window resizing snap size

Ctrl キーを押しながらウィンドウの端を
ドラッグしてサイズ変更するときのステップ幅を指定します。

例えば、ディフォルトの 10 だと、ウィンドウ幅が
10 ピクセルきざみの値になりますが、
Windows 10 だと、指定の値よりも、
14 ピクセル小さくなるため、
きっちりした値にはなりません。

Show tooltip when resizing windows

チェック状態では、ウィンドウの端をドラッグして
サイズ変更しているときにツールチップが表示され、
ツールチップに、ウィンドウサイズが表示されます。

やはり、Windows 10 だと、
実際のサイズとの間にずれがあるので、
正確な値にするには、横幅から 14
縦幅からは、7 を引く必要があります。

Show Sizer icon in system tray

Sizer のアイコンをシステムトレイに
表示したくないときにチェックをはずします。

チェックをはずして OK ボタンを押すと
トレイから消えますが、Sizer は実行したままです。

再び、Sizer を実行すると、トレイに復活するので
一時的なトレイから隠したいときに使う設定のようです。

Add Sizer items to system menu

Sizer のメニューをシステムメニューに
挿入する場合にチェックします。

システムメニューはアプリケーションのキャプション部分を
右クリックしたときに表示されるメニューのことです。

Explorer、Google Chrome など対応できないソフトが多いため、
挿入しなくてもよいかもしれません。

まとめ

フリーウェア「Sizer」を使うとアプリケーションの
ウィンドウサイズをよく使うサイズに簡単に変更できます。

サイズには自由な名前を付けられるので、
Windows 10 のように指定したサイズに
ならない場合でも使いやすいです。

ちなみに、このブログ記事の画像の「赤丸」は
ストローク で描画しました。

単純なイラストならストロークで十分なので、
是非、試してみくてださいね。使いやすいですよー。たぶん。

Sizer by Brian Apps
「Sizer」ウィンドウを指定サイズに一発変更 - 窓の杜ライブラリ
Sizerの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
無料で試せるドロー系お絵描きソフト 「ストローク」


コメント
コメントする