カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2016年10月20日(木)

ミルノ PC フォトフレーム 2.0 実装中、単体テストなど

写真閲覧ソフトのミルノ PC フォトフレーム
は、c# というプログラミング言語で実装したのですが、
現在、c++ で書きなおす作業をやってます。

写真をミルノに!

がキャッチフレーズです。

今日は、Visual Studio Community 2015 で
自分用ライブラリーの単体テストをコンパイルしたり、
新しいテストを追加したりしました。

自分用ライブラリーってーのは、
色々とアプリを公開してるので、
それらのアプリに共通する機能を
ライブラリーとしてまとめたものです。

そのライブラリーは公開したりしてないので
自分用って書いたわけです。

ライブラリーというのは図書館ではなくて、
プログラムのコードを再利用可能なかたちで
まとめたもののことです。

いくつもプログラムを書いていると、そのうち、
同じような処理を何度も書いてることに気付きます。

その同じような処理を部品として抽出して
まとめたものが、ライブラリーです。

ライブラリー化すると、コピーペーストして
プログラムを作成するのに対し以下の利点があります。

うまく管理すれば、コピーペーストよりも速くプログラミングできる。
不具合が見つかった場合、1 箇所のみを修正すればよいが、コピーペースト
の場合、コピー先を全て探しだして、全て修正する必要がある。
また、不具合だけでなく、高速化などの修正でも同じ利点があります。

欠点としては、ライブラリーの修正がそれを参照するすべての
プログラムに影響するので、ライブラリーの仕様変更が難しくなります。

ま、普通は欠点よりも利点の方が上回るので、
ライブラリー化は推奨されますが、設計がまずいと、
欠点が上回るので、案外、使いこなすのは難しいですよ。

日本語の最新版はこちらのページから、ダウンロードできます
You can download the latest version of Miruno PC Photoframe here.

ご意見・ご要望はこちらからどうぞ
You can contact me by this mail form.

・・・

単体テストの説明がまだでした。

単体テストというのは部品ごとにやるテストのことです。
今日は、CastFunctions.h っていう自分用ライブラリーの
単体テストをまじめに書きました。

例えば、int 型の変数を unsigned int にキャストする場合に、
負の値が来たら、例外をスローするような関数が定義されてます。

ま、特に難しいこともないのですが、LRESULT と LPARAM
はなにげに、符号付きの型なのを忘れてる不具合があったので
修正しました。たぶん、LRESULT や LPARAM から他の型に
キャストする関数は使用してないので、今のところ影響はないかも。

ミルノ PC フォトフレーム
ミルノ PC フォトフレームのダウンロード
ミルノ PC フォトフレームの更新履歴
ご意見・ご要望連絡窓口


コメント
コメントする