カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2016年03月07日(月)

ハードディスクドライブが、突然見えなくなる現象発生

パソコンのハードディスクが見えなくなってしまう現象が発生。

最初のうちは、週 1 くらいの頻度で HDD が見えなくなる現象が
発生していましたが、再起動すれば、正常に動いていました。

イベントビューアー (Windows ログ > システム) を見てみると、「デバイス ¥Device¥Harddisk1¥DR1 はまだアクセスできる状態ではありません。」(イベント ID: 15) が複数回発生した後で、「ディスク 1 が突然取り外されました。」 (イベント ID: 157) が発生しています。

でも、データーが壊れることはちょっとも無かったので、
きっと、マザーボードの S-ATA コントローラーかなんかが
壊れたんだろうと思って、マザーボードの交換を考えはじめました。

ただ、マザーボードを交換すると、OS のアクティベーションが
通らなくなることは目に見えていたので、どうしようかと思いつつ
しばらく使っていると、今度は、毎日切断されるようになり、
OS を再起動しても、HDD が見えるようにならないこともありました。
(BIOS では認識されているが、OS 起動中に切断されてしまう)

ちなみに、見えなくなる HDD はデーター保存用で、OS が
インストールされているシステムドライブは別にあり、
何故かこちらでは不具合が発生しないため、OS の起動に
問題はありませんでした。

S-ATA が壊れているなら、使わなればいいということで、
かわりに S-ATA を USB に変換するケーブルを経由で
問題の HDD を接続してみることにしました。

予想通り、しばらくは普通に使用できましたが、何故か
何日か使っていると、HDD が切断される現象が何回か発生、
まずいことに、USB をつなぎ直したり、OS を再起動させても
HDD が認識されない現象が発生しました。がーん。

うーん。繋ぎ方を替えても同じような不具合が発生したということは、
HDD が壊れたと考えるのが自然でしょう。やはりデーターが
壊れることは無かったので、インタフェース部分が壊れたのかな?

本当に大事なデーターは、 バックアップするノ でバックアップ済みだから
大丈夫なんだけど、できれば無くしたくないデーターはバックアップしてないので、少々冷や汗ものです。とりあえずクールダウンして、再度アクセスできないか翌日トライしてみることにしました。

うーん。やはり駄目です。ならば、S-ATA に戻したらどうか。

・・・

お。大丈夫です。S-ATA ならまだ何とか認識できるみたいです。
よし、とりあえず、HDD が見えるうちに、バックアップしたいぞ。

また、これとは別に、パソコンを切って就寝したあと、
翌日パソコンの電源を入れると、BIOS がメモリーチェック
の前で固まってしまう現象も発生しだしました。

この現象は、何故か、電源に付いている背面スイッチを
入れ直してから、電源 ON にすると、発生しません。

こちらは、問題の HDD を繋いでない状態でも発生するので、
HDD には関係ないようです。マザー、メモリー、電源のどれか
が壊れた可能性が高いですが、マザーボードについているボタン電池
を交換するだけで直る場合もあるらしいので、まずは電池交換です。

とはいえ、データードライブを完全にバックアップするための
HDD もボタン電池も備蓄が無いので買いにいくことにします。

買い物は町田で。DOS/V パラダイス、ビックカメラ(アウトレット店)、ソフマップ、ヨドバシカメラと見て回りましたが、今回は、ソフマップが安かったので、HDD はソフマップで、ボタン電池は、DOS/V パラダイスでたまたま売っていた上海問屋の 5 枚組みのボタン電池が安かったのですが、ヨドバシで TOSHIBA のやつを 1 枚買うことにしました。TOSHIBA のやつは 1 枚で 5 枚組のやつと同じくらいの値段でしたが、5 枚もいらないし、なんか安すぎて使えないやつが混ざっていても嫌なので TOSHIBA にしました。

で自宅に帰って、まずは、ボタン電池を替えてみます。

・・・

あり? OS 起動中に勝手に再起動かかったぞ。まずい。
あ、とりあえず、BIOS で時刻を設定しなおさないと。
(ボタン電池をはずすと、現在の時刻が失なわれるため)

時刻を直して、再起動させると普通に立ち上がりました。一安心。

次に、新しい HDD を USB に変換して繋いでみると、

・・・

認識しません。えーーーー、まじで。

HDD が壊れてるとは考えにくいので、普通に S-ATA で繋いでみると
認識されました。うーん。変換ケーブルも壊れたのね。何故か。意外。

ま、とりあえずうまくいったので、HDD を丸々コピーすることに。
途中で壊れると嫌なので失ないたくないデーターから順番にやりましたが、
全てコピーすることに成功しました。

で、古い HDD のドライブレターを X、Y から N、O に。
新しい HDD を X、Y にして、現在運用中で、
3 日ほど経ちますが、一切不具合が発生しません。

ドライブのアクセスでエラーが発生しないし、
起動が BIOS でストップすることもありません。

ということは結局、ボタン電池が切れたのが根本的な原因のようです。
S-ATA から USB への変換ケーブルは、たまたま同時に壊れたみたい。

ちょっと書き忘れましたが、HDD が切断されるのは、
しばらく該当 HDD を使用していない状態が続いて、
その後、HDD を使用しようとするとエラーが発生、切断
の流れでした、おそらくですが、HDD の電源が省電力機能によって
切れたところから復帰するときのエラーだったような気がします。

また、起動時にも HDD が切断される場合があったので
HDD の電源 ON の挙動にボタン電池がかかわっているのかもしれません。

一応、まとめると今回、ボタン電池交換によって直った現象は、

  • BIOS の起動中に固まる (背面スイッチを入れ直すと起動する)
  • HDD が突然見えなくなる (省電力機能と関係してるかも?)

です。電池はそんなに高いものじゃないし (今回使用したものは 120 円)
同じパソコンを長く使っていて調子が悪い人は交換してみるのも手ですね。

交換したい人のために、情報を書いておきます。
ボタン電池は普通 CR2032 です。一応、マザーボードに
指さってるやつの刻印を見て確認しときましょう。

ボタン電池の外し方

とりつけ部分には、円から少しはみだした部分があります。
そこを細いドライバーで中から外へ押すと、ボタン電池が浮くので、
あとは手で取り出します。傷つけないように注意です。
また、取り付けの時用に良く見ておきましょう。たぶん、
電池の丸っこい方が下になっていると思います。

ボタン電池の取り付け方

はずすのと逆に、はずすときに浮かなかった部分を指し込んで
浮いてる部分を上から強く押します。傷つけないように
少しずつ力を加えていくとよいです。たたいたりはしないように。

交換した後は、BIOS の設定が初期値に戻ったり、おかしくなったりする
ので、日付などを設定しなおして保存しましょう。このやり方が
わからない場合は、ボタン電池を交換しない方がよいです。

また、BIOS の設定がどうなっているか
あらかじめ全て書き留めてからトライした方が安全です。

最近のマザーでは、BIOS が UEFI によって置き替えられているようです。
とういか、自分の場合も実は UEFI だと思いますが、今回の文章の場合
はどちらでも意味が通るので、UEFI と読み替えてもらっても大丈夫です。

っていうかマザーのファームウェアの呼び名は、BIOS でいいと思う。

ご意見・ご要望など


コメント
コメントする