カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2015年03月19日(木)

HTML 自動生成するノ、条件分岐〔〕に新しい構文を追加

HTML 自動生成するノ 1.4.3.0 を公開しました。

HTML 自動生成するノ は、
エクセルなどで用意したデータファイル (xlsやcsv) と、
HTML テンプレートから、HTML を一括生成するためのツールです。

今回の修正点は 2 つです。

1 つ目の修正点は、
条件分岐文〔〕に新しい構文を追加しました。

新しい構文では、〔 の次に、区切り記号を続けます。
区切り記号には、|と: (全角と半角で、計4種類) が使えます。

古い構文では最初に出現した、|(全角)、または、:(半角)
が区切り記号として使われるので、正規表現中で、それらの記号
が使用できませんでした。正規表現を利用する条件文は、
最初の区切り記号よりも前の部分だからです。

新しい構文では、条件文より前で区切り記号を指定できるので、
条件文で使用しない文字を、区切り記号に問題なく指定できます。

詳しくは、HTML 自動生成するノ 条件分岐命令〔〕 を参照ください。

2 つ目の新機能は、
ファイル名に使用する項目を展開する仕様に変更しました。

例えば、データが、

NAMEFILENAME
AppName【NAME】.vcproj

で、ファイル名に、「2番目の項目」を使用した場合、
過去のバージョンでは、【NAME】.vcproj がそのまま
ファイル名になりますが、新しいバージョンでは、
【NAME】が展開されて、AppName.vcproj になります。

最新のバージョンは、
HTML 自動生成するノ ダウンロード からダウンロードできます。

・・・

c++ アプリの雛形を自動生成するのに使ってみたら、
〔〕内で : を正規表現に使えなかったので、改良してみました。

HTML 自動生成するノ
HTML 自動生成するノ ダウンロード
HTML 自動生成するノ 更新情報
ご意見・ご要望など


コメント
コメントする