カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2019年04月14日(日)

S.S.Software 月額会員の購読ユーザー名、購読パスワードの発行方法が変わります

タイトルの通り、S.S.Software 月額会員の
購読ユーザー名、購読パスワード
の発行方法が変わります。

今までは、PayPal 発行の
購読ユーザー名、購読パスワード
を利用していたのですが、
同機能が使えなくなるため
こちらで発行することにしました。

旧方式では、

PayPal での取り引き完了後の画面と、PayPal マイページから、
購読ユーザー名、購読パスワード を確認する方式でしたが、

新方式では、

PayPal 取り引き後に、メールで送信され、
PayPal マイページでは確認できなくなります。

注意点

新方式ではメールで送られるので、
迷惑メールフォルダーに入ってしまう可能性があります。
また、転送中に、消されてしまうことすらありえます。

届かない場合

もし、届かないなどの事態が発生した場合は、再送いたします。
ご意見・ご要望連絡窓口 よりお問い合わせください。

ただし、同じメールアドレス宛てだと届かない可能性があるため、
その際は、複数のメールアドレスを教えていただけるとより確かです。

月額会員には、こちらのページから参加できます

・・・

PayPal SandBox 環境、本番環境で、
きちんと処理されることを確認済みですが、
うまくいかない場合は、お問い合わせ ください。

月額会員の参加ページ
ご意見・ご要望連絡窓口


2019年04月06日(土)

PayPal から「新規購読登録時に顧客のためにPayPalがユーザー名およびパスワードを作成する機能がご利用いただけなくなります」のメール

paypal@paypal.com から、下記のようなメールが来ました。

新規購読登録時に顧客のためにPayPalがユーザー名およびパスワードを作成する機能がご利用いただけなくなります

 

テキストにすると ↓ の感じ

---- 引用開始 ----

購読に関する重要なお知らせ。

佐藤周平様、こんにちは。 
	 
  	
お客さまに最良の製品とソリューションを提供できるよう、PayPalは常にカスタマーエクスペリエンスを向上させることに努めています。お客さまが最新の機能を利用できるよう、
弊社のプラットフォームの最適化を続け、お客さまおよびマーチャントのみなさまにより快適なご利用環境を提供します。

これらの目標に合わせて機能を提供するため、PayPalでは、お客さまがPayPal Payments Standardの統合(購読)に使用しておられるものと想定している商品に変更を加えることにしました。この変更により、統合によって可能であった、新規購読登録時に顧客のためにPayPalがユーザー名およびパスワードを作成する機能がご利用いただけなくなります。この度の変更へのご理解に感謝するとともに、以下のよくあるご質問に対する回答を提供しました。 

さらにご質問がある場合はお問い合わせください。

PayPalマーチャントサービス

よくあるご質問

Q:  この変更が実施されるのはいつですか。
A:  4月24日にこの変更が実施されます。

Q:  統合に対してどのような変更を行う必要がありますか。
A:  ボタンによってPayPalが購読者のユーザー名および初期のパスワードを作成するようになっている場合は、パスワード管理の使用を停止し、代わりの解決策を用いてこれを管理してください。

Q: 購入者のユーザー名およびパスワード生成にともなう新しい動作にはどんなものがありますか。 
A:  この機能により、ユーザー名およびパスワードの生成と、IPNおよびメールによる送信が停止されます。

---- 引用終了 ----

メールにある、リンク先
HTML Variables for PayPal Payments Standard - PayPal Developer
を見ると、

Deprecated variables (廃止された変数) の中に、
usr_manage (購読ユーザーのパスワードなどを作成するフラグ)
があるし、https で URL のドメインも 正当なものなので、本物でしょう。

ただ、IPN and PDT Variables - PayPal Developer の、 password、
username の覧に何も言及が無いのはいかがなものでしょう?

S.S.Software への影響範囲

S.S.Software 月額会員 で PayPal 発行の
購読ユーザー名、パスワードを利用しています。

よって、何も対応しないと、4月24日以降
購読ユーザー名、パスワードが発行されなくなるので、
S.S.Software 製品の試用制限を解除したり、
月額会員専用ダウンロード ページが使えなくなってしまいます。

うーん。突然すぎるわー。

勤めてなければ余裕で対応できるけど、
今は勤め人だからー。

勘弁してくれー。

S.S.Software の対応策

たぶん、購読ボタンは変更しなくとも
エラーは起きないでしょう。

なので、PayPal IPN (購読後に PayPal から呼ばれる cgi) を修正し、
購読ユーザー名、パスワードをユーザーに通知すれば OK でしょう。

やる事は 2 つ。

1. PayPal IPN で、username、password 変数が送られてこなかったり
空だったりした場合、こちらで username、password を生成する。

2. 購読の手続きが完了したら、メールで username、password を
通知します。メールなので、送信中に他の人に傍受される危険性
がありますが、ユーザー様の不利益にはならないように注意します。

2 はセキュリティ的に少し問題がありますが
世の中でも普通に利用されている方法ですね。

私の不利益としては、傍受されると
購入していない人が試用制限を
解除できるようになったりします。

ま、問題ありますが、盗む人が悪いしそういう人とは
あまり、関わりあいたくないので無視します。

ユーザー様の不利益としては、氏名とメールアドレスの
組が漏れる可能性がありますが、これは普通にメールを
使っているだけでも漏れる情報なので、ご容赦ください。

今のところ、パスワード変更機能とかはないので
アカウントをのっとられて、ユーザー名とパスワードが
使えなくなったりしませんが、今後
そういう事態になった場合には手動で対応いたします。

で、どうなるの?

おそらく、PayPal の管理画面で
購読ユーザー名、パスワード
の確認ができなくなります。

代わりにメールで
購読ユーザー名、パスワード
を通知するので、そちらをお使いください。

4月24日から切り替わるので、そのあたりで
不具合など起こるかもしれませんが、
その際は、気軽にご連絡ください。

もちろん、不具合のないようテスト環境で
きちんとテストは行うつもりでいますし、
本番環境でも、username など発行しないオプションで
ボタンを作成して事前にテストなど行う予定ではあります。

・・・

ちなみに、4月2日(火) に 窓の社 のトップページに
ミルノ の名前を載せていただけたみたいです。

ありがとうございます。ミルノの、

日本語の最新版はこちらのページから、ダウンロードできます
You can download the latest version of Miruno PC Photoframe here.

x64 の最新版はこちらのページから、ダウンロードできます
Download the latest version of Miruno PC Photoframe x64 here.

・・・

月額会員専用のx64 版 もあります。
月額会員には、こちらのページから参加できます

・・・

忙しく、不具合をすぐには修正できない
かもしれないので、1 つ前バージョンも
ダウンロードできるようにしておきました。

ミルノ PC フォトフレーム ダウンロード - 過去のバージョン

ま、ここ最近は不具合のご報告もないので
そこそこ、安定して動くと思います。

ミルノ PC フォトフレーム
ミルノ PC フォトフレームのダウンロード
ミルノ PC フォトフレームの更新履歴
ご意見・ご要望連絡窓口


2018年12月14日(金)

2018 年 12 月の Windows 10 の更新プログラムのダウンロードに時間がかかるー

12 月の Windows 10 の更新プログラムは
緊急らしいので、昨日、更新をこころみました。

Microsoft、2018年12月の月例パッチを公開 〜OSの最大深刻度は“緊急” - 窓の杜

ところが、ダウンロード状況が 100 % に近くなるにつれて
進みが遅くなり、99 % になったものの終わる気配がありません。

タスクマネージャーを見てみると、またまた
Delivery Optimization というプログラムが
通信大域のほとんどを使っています。

うちは、通信速度が遅いので「配信の最適化」設定の
「他の PC からダウンロードを許可する」は
「オフ」にしてあるにもかかわらずです。

しょうがないので、Delivery Optimization
サービスを停止して、Windows の再起動をかけると、
ダウンロードが完了したのか、更新できる状態になりました。

・・・

たぶん、Delivery Optimization は、
更新前は無効にして停止してありました。

逆に停止してあると、有無を言わせず
動きだすようになってるのか?わからん。

動き出すのもまずいが、動き出すとネットワークの
全大域を消費しちゃう挙動も、おかしい。

きちんと直してくれないと困るわー。

ご意見・ご要望連絡窓口


2018年11月20日(火)

現在、OCN メールサーバーの障害でメール読めません

現在、OCN のメールサーバーの不調により
メールが読めない状況です。

---- 追記 ----
23:30 に直ったようです。
OCN の中の人、お疲れさまです^^

お問い合わせも、読めませんし、
消えちゃうかも、わからん。

OCN の工事・故障情報

・・・

ブログのコメント覧は読めるけど、
書き込みの通知メールが来ないからなぁ。


2018年11月09日(金)

Windows 10 Pro、ライセンス認証が突然 エラーコード C004F034 で失敗する問題

今日、Windows にログインしたら、
デスクトップの右下におかしな文言を発見。

Windows のライセンス認証 設定を開き、Windows のライセンス認証を行ってください。

よくわからんけど、指示に従って、
設定の「ライセンス認証」をを表示してみると、こんな感じでした。

(設定画面から > 更新とセキュリティ > ライセンス認証 と辿ります)

とりあえず、「トラブルシューティング」を
クリックして、数秒待つと、今度は

トラブルシューティングが完了しました

が、表示されました。

このデバイスでは Windows 10 Pro を実行していますが、
Windows 10 Pro のデジタルライセンスが見つかりました。...

なんじゃそれ。同じ製品名じゃん。

一応「Windows のエディションをアップグレード」を
押してみると、数秒で再起動がかかりましたが、
ライセンス認証状態は変化ありませんでした。

・・・

うーん、しょうがないな。時間がたっても完全に使えなくなったりは
しないらしいし、しばらくほっとくか〜と思っていたら、
次の記事がアップされてました。

Windows 10 Pro/Enterpriseのライセンス認証にエラー 〜Microsoftは修正対応中 - PC Watch

これかな。トラブルシューティングしても直らないけど・・・。
ま、しばらく待っといてダメなら連絡するか。

---- 追記
22:05 に、トラブルシューティングで認証成功しました。

ちなみに、ローカルアカウントでログイン状態だったので、
Microsoft アカウントでログインする設定に変更とかも
やってみたけど、無理だった。

そりゃそうだわな。

ご意見・ご要望連絡窓口


2018年11月07日(水)

ユーザーアカウント制御画面をスキップして管理者権限のプログラムを起動するショートカットファイルを作成するアプリが Vector で公開されました

管理者権限のショートカットを作成するノ
という新しいアプリが Vector で公開されました。

管理者権限のショートカットを作成するノの詳細情報 : Vector

「管理者権限のショートカットを作成するノ」は、
ユーザーアカウント制御画面が表示せずに、
管理者権限のアプリケーションを起動する
ショートカットファイルを作成するツールです。

ショートカットファイルとは、デスクトップに表示されていて
ダブルクリックすると、アプリが起動する小さい絵のアレです。

Vector とは?

Vector は、作者に変わって、
ソフトを配布してくれるサイトです。

一応、ウィルスチェックなんかもされていると思うので、
「作者のページから DL するのはちょっと」という方におすすめです。

作者としても、Vector からダウンロードしていただけると、
Vector 内での順位が上がるので、ありがたかったりします。

とはいえ、申請してから公開されるまでにタイムラグがあるので、
常に最新版がダウンロード(DL) できる、とは限りません。

セキュリティについて

ユーザーアカウント制御 (UAC) 画面を表示せずに、
管理者権限のプログラムを実行できるようにするので、
うまく使わないと、セキュリティ上のリスクが増大します。

ま、OS の設定によって、常に UAC 画面を表示しない
ようにするよりかは安全ですが、一応注意してください。

特に、会社などで共用するパソコンで使う人は、
セキュリティの要件 を理解して使用した方がいいかもです。

管理者権限のショートカットを作成するノはこちらからダウンロード
できます。おまけの機能はロックされてますが、無料ソフトです。

・・・

ちなみに、おまけの機能はフォント設定機能です。

表示スケールにも対応しているし、別に必要な機能
では無いと思いますが、一応、寄付していただいてる方
のみの特典として、ロックしておきました。

管理者権限のショートカットを作成するノの詳細情報 : Vector
管理者権限のショートカットを作成するノ
管理者権限のショートカットを作成するノ ダウンロード
ご意見・ご要望連絡窓口


2018年11月05日(月)

ユーザーアカウント制御画面をスキップして管理者権限のプログラムを起動するショートカットファイルを作成する「管理者権限のショートカットを作成するノ」を公開しました

管理者権限のショートカットを作成するノ
という新しいアプリを公開しました。

「ユーザーアカウント制御画面をスキップして
管理者権限のプログラムを起動するショートカットファイル」
をカンタンに作成するためのアプリです。

通常、管理者権限のアプリケーションを起動すると、
ユーザーアカウント制御画面が表示されて
実行するかどうかの確認を求められます。

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

Windows の設定を変更して、この画面を表示しなくすることも
できると思いますが、管理者権限を与えたくないプログラムが
起動したときにも、表示されなくなってしまっては困ります。

そこで、一部の安全な (と自分が思う) プログラムについてだけ、
この画面を表示せずに起動させたいと思いますが、
なかなか面倒な作業を行わないと実現できません。

その面倒な作業をカンタンに行うためのアプリが
管理者権限のショートカットを作成するノ です。

ユーザーアカウント制御 (UAC) 画面をスキップする仕組み

Windows 標準のタスクスケジューラという機能によって、
あるタイミングで任意のプログラムを起動させることができます。

この方法でプログラムを起動すると、
管理者権限でプログラムを起動しても
UAC 画面が表示されません。

管理者権限で起動するよう、
タスクに登録されたタスクは
安全だと見なされるためです。

管理者権限のショートカットを作成するノは、
管理者権限で起動したいプログラムをタスクに登録し、
そのタスクを起動するためのショートカットファイルを作成します。

この仕組みにより、作成したショートカットから
プログラムを起動すると、UAC 画面が表示されません。

もちろん、条件によって UAC 画面が表示されなくなるため、
うまく使わないと、セキュリティが低下するおそれがあります。

強力なプログラムを登録しない

UAC 無しで起動したいプログラムはタスクに登録されるため、
いつ、どのプログラムにより実行されるかはわかりません。

よって、いつ実行されても問題ない
プログラムのみを登録する必要があります。

例えば、任意のプログラムを実行できるようなプログラムは、
登録するとセキュリティ上のリスクが大幅に増大します。

悪意のあるプログラムがそのようなタスクを発見した場合、
そのタスクを利用して、自分の好きなプログラムを
UAC 画面無しで起動できてしまうためです。

簡単に書き換えられるプログラムを登録しない

また、UAC 画面無しで書き込める場所にあるプログラムや
そのような場所に保存されている設定ファイルにもとづいて
強力な動作を行うプログラムも同様の危険があります。

例えば、前者の場合、プログラムを上書きしてから
タスクを起動すると、結局のところ任意のプログラムを
UAC 画面無しで起動することができるためです。

設定ファイルについても同様のリスクがあります。

どちらにせよ、OS の設定によって、
UAC を完全にオフにしてしまうよりかは
安全ではありますが、一応注意した方がいいですね。

管理者権限のショートカットを作成するノはこちらからダウンロード
できます。おまけの機能はロックされてますが、無料ソフトです。

・・・

ちなみに、実行されるタスクの優先度を指定する機能もあります。
GUI のタスクスケジューラからだと簡単には指定できないようなので、
便利かもしれません。既定では、「標準」の 4 となってます。

管理者権限のショートカットを作成するノ
管理者権限のショートカットを作成するノ ダウンロード
ご意見・ご要望連絡窓口


2018年10月30日(火)

PayPal を装ったフィッシング詐欺メールに注意

PayPal を装ったフィッシング詐欺
メールらしきものが届きました。

お客さまはパスワードを変更しました。...

ウェブを調べてみると、
本物そっくりみたいです。

メールのリンクはクリックしない

とにかく、怪しげなメールを受信したときに大切なことは、
「メール内のリンクをクリックしない」ことです。

メールにかかれている番号にも、
電話しない方がいいでしょう。

正しい URL を見つける

では、どう確かめるかというと、普通に普段使っている
お気に入りから、サイトを開いてログインしてみます。

お気に入りに入れて普段利用している URL は、
正しハズなので、大丈夫でしょう。

もちろん、誰かがこっそり書き換えてない限りですが、
その心配は少ないでしょう。(特に共用でないパソコンなら)

あるいは、Google で 「PayPal」 で検索して
トップの方にくるサイトも大丈夫でしょう。

「PayPal」みたいな普通のワードで
詐欺サイトが検索上位を取るのは難しいからです。

もちろん、この場合も、メールに書かれている
特殊なテキストを検索ワードに使用した場合は
安全ともいいきれないので注意してください。

ログインして確かめる

このメールではパスワードを変更したといっているので、
自分のパスワードでログインできる場合は、
メールの内容が嘘であることがわかります。

繰り返しになりますが、絶対にメールの書かれている URL を開いたり
リンクをクリックして表示されるページでログインしてはいけません。

上に書いたメールと関係ない方法で見つけた
正しい URL からログインしてみてください。

もし、ログインできない場合は、本物の可能性があるので、
メールに書かれている電話番号が正しいか確認してから、
電話した方がいいでしょう。

もちろん、電話番号も正しいものかどうか、
信頼できるサイトで確認してからにしましょう。

怪しげな部分が見つからなくとも、安心しない

ちなみに、よく見てみると「PayPal ログイン」ボタンの
リンク先アドレスが、noreply.paypal.com.service.paypol.co
になってました。paypol のところがあからさまにあやしげですね。

もちろん、リンク先を表示してはダメなので、
リンク先のテキストをメーラーで読んだだけです。

リンク先は、偽装してるかもしれないので、
リンク先の URL が正しそうだからといって
安心してはいけません。

・・・

うーん。困ったもんだ。

ちなみに、 パソコン初心者用インターネット検索
を使うとキーボードが無くても検索できますよ。

パソコン初心者用インターネット検索
ご意見・ご要望連絡窓口


2018年10月18日(木)

あいうえおボタンで検索できるページが壊れていたので直しました

あいうえおボタンで検索できるページ
壊れていたので直しました。

どんな風に壊れていたかというと、
「あいうえお」とかを入力するボタンが
全く表示されない状態になってました。

現在も「あいうえお」ボタンが表示できない場合は、
リロードすれば、直ると思います。

Internet Explorer や Edge の場合は、Ctrl キーを押しながら、R です。
Chrome の場合は、スーパーリロード Shift + Ctrl + R が必要かもです。

キーボードで文字を入力するのが
苦手な方に教えてあげると、喜ばれるかもしれません。

また、なんかのひょうしで、
キーボードが使えないときにも便利かもです。

・・・

壊れた原因は、javascript へのリンクが、
一部、http になっていることでした。

https のホームページで、http の javascript を
link しても、単に無視されるみたいですね。

パソコン初心者用インターネット検索
ご意見・ご要望連絡窓口


2018年10月16日(火)

ユーザーアカウント制御画面をスキップして管理者権限のプログラムを起動するショートカットファイルを簡単に作成するためのツールを作成中です

タイトル、長っ。

通常、管理者権限で動くプログラムを起動すると
「ユーザーアカウント制御」画面が表示されて、
「はい」をクリックしないと起動できません。

が、ウィンドウズの「タスク」機能を利用すると、
「ユーザーアカウント制御」画面を表示せずに、
プログラムを起動することができます。

管理者権限として動かすプログラムを「タスク」として登録し、
そのタスクを、schtasks.exe を介して起動する仕組みです。

タスクとして登録するときに、
そのプログラムが安全だとマークしたことになるので、
起動時には「ユーザーアカウント制御」画面が表示されなくなります。

もちろん、安全でないプログラムをタスクとして登録してはいけませんが、
必ず「ユーザーアカウント制御 (UAC)」画面で「はい」するつもりの
プログラムを登録しても、セキュリティ上の問題はないはずです。

むしろ、すぐに「はい」する手癖が付かないので、
より、安全ではないかとも思えます。

画面はこんな感じで、いろいろ項目がありますが、
プログラムのパスを指定すると、あとの項目は自動的に
入力されるので、カンタンに作成できます。

だいたいメインの機能はできてるのですが、
細かい機能がまだなので、もちっとかかります。

ま、気になる方は、お楽しみに〜。

ご意見・ご要望連絡窓口


| 1/7PAGES | >>