カテゴリー別

お絵描き、デザイン

写真、動画関連ソフト

アメーバピグ専用ソフト

ホームページ関連

画像処理

スキャナー用

SEO 関連

お楽しみ

その他

過去ログ

2018年01月19日(金)

7z.dll を使ってみる段階は完了しました

7z.dll を使って書庫を解凍してみるテストが完了しました。

安定して使えそうな感じでなので、
使いやすくラップする作業に入りました。

真面目にやると大変ですが、
使う API しかラップしないので
そんなに、かからないでしょう。

ちなみに、ラップとは
サランラップをかけること
と似たようなもんで、かけると
食材をつかんでも汚れなくなるので安心です。

やっぱ、違うか。

ま、雰囲気は似ていて、直接さわるよりも
使いやすくなるようにします。それがラップ。

当然、うまくやらないと、
使いにくくなるだけなので意味ないです。

7z.dll の場合、COM なので、
ATL の CComPtr を使うと
かるくラップできます。

私の場合、エラー処理のコードを隠したいので、
HRESULT 値がおかしいときは例外を
投げるようなコードでさらにラップします。

ちなみに、PROPVARIANT のラッパーも
ATL/WTL にないみたいなので自前でラップしてます。

・・・

話は変わりますが、7z.dll を ATL で扱うには

struct __declspec(uuid([GUID])) IArchiveOpenCallback;

みたいな宣言が必要です。上の疑似コードは、
IArchiveOpenCallback の GUID として
[GUID] を紐付けます。

error C2787: 'IArchiveOpenCallback':
このオブジェクトに関連付けられた GUID はありません。

みたいなエラーになったら宣言してあげましょう。

ミルノ PC フォトフレーム
ミルノ PC フォトフレームのダウンロード
ミルノ PC フォトフレームの更新履歴
ご意見・ご要望連絡窓口


| 1/1114PAGES | >>